徳島ブロック大会 終焉

11911837_805256326239884_1617151226_n

全てが終わったその時、色んな想いが体から溢れ出しました。

 

とにもかくにも終わったという安堵と開放感。
もっと周到に準備していれば…と思う悔しさ、自己嫌悪。
最後まで責任感をもってやりきってくれた仲間への感謝。
そんな仲間の期待に応えきれなかった自分への不甲斐なさ。

正直に今は、諸手で喜べない自分が居ます。

それでも、共に最後まで闘ってくれたメンバーに対する 有り難さ は他のどの感情にも勝るものでした。

20150822_065516

11890947_845454218901037_8325540016709695628_n

 

竹を題材とした今回の事業。

交代前の委員長が苦労して辿り着いたのは、 音楽  という手法で地域に眠る宝を掘り起こすというものでした。

阿南が筍の生産量全国1・2を競う名産地となったのは大正初期にまで遡ります。
かつての地域の宝は、『食』として人々の 胃袋 を満たしました。

その後、放置竹林として地域に害を及ぼす 負の遺産 の側面も持つようになった竹は、今度は多彩な『音楽』となって人々の 心 を満たす宝に生まれ変わりました。

image-0001

そして、会場にて同時に紹介させていただいた藤崎電機さんの『バンブーバイオマス発電所』は、100%竹を資源とした世界に類を見ない発電所として地域に産声を上げようとしています。
つまり竹は、これからの地域産業に新たな一石を投じる宝に成るということです。
今度は地球環境に配慮した『エネルギー』として。

11951984_845454348901024_7315236648867102014_n

物事の進化は常に、『螺旋階段を登る』ように成される気がします。

螺旋階段は、横から見ればもちろん高みへと登りますが、上から見れば何度も同じ場所に戻ってきます。

例えばEメールは、手紙という文化が文明の力により高い次元に登りながら生まれ変わったもの、といった具合です。

音楽とエネルギー。
形は違えど、かつては単純に食や道具として生活に溶け込んでいた宝は、文化と文明の力により高みへと登り、新たな宝として私たちの未来に希望をもたらします。

言葉で言うのは簡単ですが、それを具現化するまでの歩みにおいては、事業を引き継いでくれた委員長と、それを傍で支えてくれた仲間の弛まない行動が存在したことを忘れてはなりません。

『文化と文明が生み出す希望溢れる徳島の実現』
本年度のスローガン。

紆余曲折ありましたが、2人の委員長により具体的な形となって小さな一歩を踏み出しました。

 

本当に、本当にお疲れ様でした。

 

※徳島新聞 8月22日地域面引用

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。