“有り難う”ございます。

top
感謝の気持ちを伝えるとき、「サンキュー」も「おおきに」もある中で、当たり前のように最も使われる「ありがとう」の言葉ですが、ご存知の通り漢字に直すと「有り難う」です。

JC活動をしていると、この言葉の意味が身に染み入ることが多くあります。
その思いは、理事長の職を受け持って更に大きなものとなりました。

 

直接的な対価は当然のごとく発生しないこの活動に、個々に多少の差はあっても、自身の置かれた状況を乗り越えて真剣に向き合ってくれる素晴らしい仲間が数多く集っています。

 

自分にとって大切な仕事をいったん角に置いて、
 

とても気がかりな家族のことを心の奥にしまって、
 

身体の痛みや体調の不良を押して、

活動に足を運んでくれるメンバーはもちろんのこと、
 

状況が自分を許さなくて、携わることができないことを心から忍びないと感じながら、今日も遅くまで家族や従業員のために仕事に汗を流すメンバーも、
 

本当に“有り難い”。
 

私はそんなメンバーにとって、本当に苦しい時にこそ手を差し伸べられる“太陽”でありたいと心から思う。
 
o0601026811912614653
 
さて、本日はこの阿南青年会議所で実に 25年 もの間私たちを陰ながら支え続けてくれた事務局員さんの最後の出勤日。
 

計り知れないほどの“有り難う”を上手く伝えられるだろうか。