6月度事業「あなたの身体はあなたが食べたもので作られている~人に良い地域資源~」の報告です。

6月度事業としまして「あなたの身体はあなたが食べたもので作られている~人に良い地域資源~」と題しまし食育事業をいたしました。

阿波牛の匠のべにて食用として飼育されている牛の見学、そして普段まず目にすることのできない食品加工作業を見学してまいりました。

お昼からは阿波牛をはじめとした地元の食材(たけのこ、トマトなど)を使っての親子クッキング

この事業終了後、ご家族で参加されたお母さんから娘が「ごはんは残したら牛さんかわいそうやな」と言ってご飯を全部食べていて、さっそく食育の効果を感じました!となによりもうれしいお言葉をいただけました(^^)

改めまして、ご参加いただきました30名のご家族の皆様、そして貴重な牧場見学と食品加工作業と多大なご協力をいただきました「阿波牛の匠のべ」様、ありがとうございました!

徳島ブロック大会吉野川大会

2018年6月23日(公社)日本青年会議所四国地区徳島ブロック協議会 第45回徳島ブロック大会吉野川大会が開催されました。

まずはとくしま「農」の祭典~徳島わくわくベジタフルワールド~!

徳島県内の農産物生産者様による出店ブースで野菜、農産物加工品購入させていただきました!

生産者と各種企業のバイヤーによるビジネスマッチングも行われました!

 

続きまして、こゆ財団の高橋邦男さんの講演です。こゆ財団は一粒1,000円のライチをブランド化されております。食べてみたい・・・。

そして、記念式典です!

オープニングアクトは太鼓の楽校の皆様による演奏です。

2018年度ブロック会長 挨拶

開催地LOM理事長挨拶 岸上理事長

 

また委員会事業報告にて岩佐委員長が登壇しました!

 

功労者表彰では柏木 岳君が表彰されました!

式典後、懇親会へ

各LOM対抗でeスポーツ!阿南は余興に強いイメージがありますが・・・

見事優勝し、商品ゲット!

懇親会も存分に楽しませていただきました!

主管の吉野川青年会議所の皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした!

 

6月度例会の報告です。

阿南青年会議所から報告です。

6月度の例会は東交トラベル株式会社取締役社長で、公益社団法人高松青年会議所シニアでもある川畑  亮(かわばた  りょう)先輩にお越しいただき、

「地域の財産を生かしたまちづくり~屋島おもてなしガイドツアーの歩み~」

と題した講演をしていただきました。

屋島の小学生たちが一年間のプロセスを通じて悩み、励ましあい、学び、成長していく姿がその場にいたかのように頭に浮かび、それを支え、導いていく川畑先輩の行動や心情もすごく伝わってきました。

私たちは屋島の子どもたちを見習い、お手本にし、これからの行動に繋げていかなければならないと素直に思います。

川畑先輩からは今回の例会を通じ、事業に対する準備、心構えや姿勢と多くのことを学ばせていただきました。厳しくも暖かい川畑先輩に良い報告ができるように阿南青年会議所メンバー一同頑張ってまいります。

懇親会では、屋島おもてなしガイドツアーの資料や映像を見ながら、川畑先輩にたくさんの質問をさせていただきました。

また懇親会では一般社団法人米子青年会議所の皆さま、60周年のPRにお越しいただきありがとうございます。周年にはぜひ参加させていただきます!

2018年度6月度講師例会

来たる6月18日

東交トラベル株式会社 代表取締役であり、高松青年会議所シニアの川畑亮先輩をお招きし、

「地域の財産を生かしたまちづくり~屋島おもてなしガイドツアーの歩み~」

と題した講演をしていただきます。

川畑先輩は、高松市立屋島小学校と連携し「屋島おもてなしガイドツアー」を実施しています。

小学生がそれぞれの屋島に対する思いを胸に、自分達で考え、自分達でPRし、自分達がガイドをする「屋島おもてなしガイドツアー」

川畑先輩は一年かけてバックアップし、信頼関係を構築するなど様々な努力をされています。子供達は、売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方良し(さんぽうよし)」を学び一年後には見違えるように成長されているそうです。

我々、阿南青年会議所メンバーも講演を通じ地域資源を生かしたまちづくりの仕方や事業構築の手法を学ぶチャンスだと考えます。

皆様にとっても良いお話が聞けることは間違いありません。

 

日時 6月18日 19:30~

場所 ホテル石松(徳島県阿南市富岡町トノ町)

 

是非お越しください!!

 

ブロック野球大会

5月20日 日曜日、小松島市のあいさい球技場にてブロック野球大会が開催されました!

1試合目は勝てば決勝に進めるという、大事な一戦。小松島JCと対戦!

接戦の末、勝利!

そして休憩時間は小松島JCの皆様に設営していただいたバーベキュー!

中川主将の素晴らしい段取りのおかげでおいしくいただきましたw

そして迎えた決勝・・・対戦相手は徳島JC!

序盤、猛攻をしかけましたが・・・

残念ながら敗北。でも体を動かすのは気持ちいいですね!

助っ人としてご参加くださった先輩方、誠にありがとうございました!

そして設営していただいた小松島JCの皆様、出場された各LOMの皆様、大変お疲れ様でした!

5月度例会「まちのファンをつくる3つの目」の開催報告

5月18日(金)の5月度例会においてセミナー「まちのファンをつくる3つの目」を開催しました。

講師は、dot button company株式会社の中屋祐輔 様。

まちづくりコンテンツを作る際に重要な考え方のポイントや方法論をグループワークを交えながら分かりやすく教えていただきました。

セミナーで学んだ3つの目「鳥の目・虫の目・魚の目」をしっかりと意識し、試行錯誤しながら少しずつものにして、阿南のファンを増やす取り組みを推進していきたいと思います!

オブザーバー含め一般参加者も多数来られ、懇親会が終わるまで講師の中屋様を中心に議論(相談?)が繰り広げられるなど大変盛況な会となりました。

講師の中屋様はもちろん、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

美馬JC主催わんぱく相撲

本日、美馬青年会議所主催の

【第36回わんぱく相撲 徳島場所】がうだつアリーナで開催されました。

と、いうことで阿南青年会議所から兼松理事長が参加させて頂きました。

あいにくの雨でしたが、会場は熱気に溢れていました。

出場のちびっ子、皆頑張れ~!!

出場しない子にも楽しいイベントがありました。

相撲体験ブースでも白熱した可愛い戦いが…^^

大変、楽しく勉強になる事業でした。

美馬青年会議所の皆様、お疲れ様でした!

 

あなたの身体はあなたが食べたもので作られている~人に良い地域資源~ 参加者募集

 

あなたの身体はあなたが食べたもので作られている~人に良い地域資源~
地元の食材のことや良さ、それらを取り扱う商店を知っていますか?

既製品にはない自分で作った食べ物のおいしさを体験し、お肉でもお野菜でも

食材をいただくと言うことは命をいただくということを知ってもらうための事業となっています。

【開催日】6月3日 日曜日

【場所】 阿南ひまわり会館  阿南市富岡町北通33-1

【時間】 8時30分~14時30分 ※受付は8時より

【応募人数】 30名

【対象】  小学生以上の子どもをもつ親子
※申込締切は5月24日 但し定員になり次第締切になります。

【持物】  エプロン・三角巾・手ふきタオル

【参加費】 1名につき500円※保険料として

(例:子ども2名と親1名の場合は1500円)

【協力】   阿波牛の匠のべ(牧場見学&食肉加工作業見学)

【応募方法】 上記チラシをプリントアウトしていただき、阿南青年会議所までFAXまたはメールをください。

必ずお読みください!

食育事業として牧場見学をいたします。牧場見学のさい汚れる場合がございますので、汚れてもいい服装・くつでお越しくださいませ。

 また、食肉加工作業は命の大切さを実感いただくための作業見学でございます。親御様はお子様とよく話し合ってご参加くださいませ。

 なお、食肉加工作業見学時は写真撮影禁止となりますのでよろしくお願い致します。

打ち合わせ

8月の事業に向けて、去年の6月度例会でお世話になった災害・危機対応マネージャーの青木正繁氏とまち委員会の市村委員長と共に打ち合わせを行っていました。楽しい事業になるよう、頑張るぞ!おぉ~~(^^)b

4月度例会「男女の違いを知ることから始める人間関係構築」

4月18日、4月度例会が開催されました!

まずは兼松理事長挨拶

講師は2018年全国セミナーコンテスト優勝

有限会社西村自動車代表取締役 西村博さんです!

隣は今回担当のひと委員会 委員長 森本奈美君です!

これより、ひと委員長のつぶやき

 

男女の違いって一言で言っても、いろんな男性と女性がいますよね。

今回はそもそも個人個人の持っている性質を心理学の観点から解明。ほめ達(ほめる達人)講師であり、アンガーマネジメントファシリテーターである西村先生のご指導の下、出席者の個性を各自分析し、みんなで共有しました!

写真は今回の講師西村博先生が今年全国セミナーコンテストで優勝したお話をされているところです。

 

 

自己分析シートを記入することで、驚きの事実が発覚したり、アーわかるー!や、え!?そうなんだ!とみんなで大盛り上がりの例会となりました。

 

その後の懇親会も質問が止まらない!(^^)

「自分こんなんだったんですけど、あなたは?」

「私の場合こういう性質が高いんですがどういう性質の人とあいますか?」等々。講師先生への質問や仲間同士のより良い親睦の機会となりました。

 

人とのコミュニケーションをより良くするためにはまずは自分を知る事。そして自分を受け入れることで他人を受け入れることができる。

 

講師先生のお言葉です。

 

今年のひと委員会の所信とぴったり(^0^)

次回の例会もどんなドキドキがあるか楽しみです。