ラジオ番組に出演します☆彡

yjimage

公開討論会

ラジオ番組に出演させていただくことになりました。

テーマはズバリ 『選挙と政治』

素人丸出しの私ですが、様々な角度からこの度の統一地方選挙を振り返って好き勝手に物言いさせていただきます。

投票率の低さから見える、私たち自身が抱える問題と成すべきことについて、“一人称で”当事者意識を持ってお伝えできればと考えております。

青年会議所理事長として放送コードには十分注意したいと思いますが、ヒートアップしすぎて失言があった時には何卒ご容赦ください<(_ _)>

◎日時: 5月1日(金) 13:00~14:00

◎番組名: FMびざん 『ぐるぐる漫遊記』 (リンク参照)

【FMびざん 番組紹介】
http://www.bfm.jp/anew_HP/program/program.html

明日への一歩 ~全立候補者による政策動画公開~

IMG02193

先般、公開討論会の開催を断念してからの2週間、『繋がる一歩』を踏み出すことができました。

公開討論会においてはたった1名しか参加表明を頂けませんでしたが、徳島新聞社の記事や委員会メンバーの粘り強い交渉もあって、政策動画の公開には全ての立候補表明者が応じてくれました。

また、各候補者にJCメンバーとしての想いをあらためて伝え、議論することで、来るべき次の機会に繋がったと確信しています。

※「e-みらせん」(個人政策動画)はこちらから

IMG02203

IMG02202

一問一答形式ということもあり、各候補者の違いを明確にする要素は若干乏しいですが、有権者の関心事でもある『政務活動費』の問題にも踏み込んで回答いただきました。

現職・新人それぞれ立場の違いがあり見方は様々ですが、言葉の力も含めた政治を志す者の“人となり”に触れて頂ければと願います。

開催はできませんでしたが、この度の公開討論会においては『行政の監視役』でもある議会としての機能を問うべく、コーディネーターとして議論を深めるつもりでもありました。

“馴れ合い”とも言われかねない現状を生んだその背景にも触れ、候補者それぞれのポテンシャルを発揮してもらうべく、単なる批判合戦に終始しない未来志向の討論を描いていました。

次の機会には当然卒業を迎えている私ですが、地域の明日を担う者として残された後輩と共にこれからも主体的に関わって行きたいと思います。

委員会メンバーをはじめ、今回の事業に関わって頂いた全ての方々に心からの御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

痛恨の極み ~公開討論会 開催断念~

IMG02169

正しく痛恨の極み。

『県議なんて、誰がなっても自分の生活に影響ない…』
『そもそも立候補者の “人となり” を知らないし、わざわざ時間をかけて知ろうとも思わない』

そんな意識が蔓延していることが、国内最低クラスの投票率に繋がっているのではないでしょうか?

 

民意の反映されない政治と、それによる地域社会の構築。

もしそれで真に構わないなら私たちのやっていることに意味はありません。

しかしそうではないと信じるからこそやっているのです。
昨日お伺いした徳島新聞社さんは早速記事にして頂きましたが、ここに記載されていることは私が話した内容のごく一部に過ぎません。

ことの真相を投稿することはしませんが、結果として1名の立候補表明者しか参加の意を示していただけなかったことに、現在の選挙制度とそれを取り巻く環境への問題意識を抱いています。

㉒質問事項(討論テーマ)_01
そして、公開討論会を通じて立候補者の“人となり”、その核心に迫ることも必要であると考えています。

個人を攻撃することでは決してありません。
その方のポテンシャルを最大限に発揮してもらいながらも、立候補者の違いをそれぞれ明確にするということです。

同時にそれが、票を投じる私たち有権者の『見る目』を養う大きな機会にも成り得ると信じています。

また、有権者としての『責任』も感じていただきたかったのです。
例えば、問題を起こした議員に批判を浴びせる前に、『ちゃんと見て選びましたか?』『そもそも投票には行ったのですか?』と自身に問いかけて欲しいのです。
現在の日本社会においてはこの意識が圧倒的に欠如していると感じています。

今回の県議選公開討論会は、その現状に一石を投じる意味おいても『地方創生』に加え『政務活動費』の問題を避けて通ることはできませんでした。

理事長である私自身がコーディネーターを務めるべく勉強を重ね、準備をすすめていただけに開催断念は悔やんでも悔やみきれません。
でも、この苦い汁の味を私は決して忘れません。

そして次の機会への糧とすることを自身に誓います。
いつの日かこの社会が真に主権者意識を持った若者で溢れ、政治の世界にも良きリーダーが数多く出てくることを心から願い、これからも主体的に行動し続けます。

新しいメンバーが増えました!

昨日1/28日の第1回臨時理事会にて
城 芳孝(じょう よしたか)君が新入会員として承認されました!
城さん承認審議

城君よりコメント
「36才、あと4年 一生懸命やっていきたいと思いますので、みなさんよろしくお願い致します!」

京都会議が開催されました。

ホームページをリニューアルいたしました。