九州北部豪雨災害ボランティア

7月5日に発生した九州北部豪雨災害、36名の尊い命が奪われました。そして未だ不便な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃいます。

阿南青年会議所の監事、八木先輩が災害ボランティアに行った際の写真を頂きましたので、掲載させて頂きます。

トラックONトラック&ショベルカーで九州へ入ります。現地で借りるでは無く、全て徳島から自身の会社のものを持ち込みます。

現地に入ると家屋に溜まった土砂をかきだし、トラックで運びます。

水を含んだ泥は重たく粘土みたいになってます。

 

今も現地で青年会議所のメンバーがボランティアに入っていますが、200人近くの避難者さんがいます。

元の生活に早くいち早く近づける事を祈っております。