2016年度5月度例会

本日、5月18日⁽水⁾5月度例会が開催されました。例会のメイン事業として
「高校野球の心と仁を学べ」と題し講師をお招きし、講演が開催されました。

講師をいただきましたのが、
『徳島県立新野高校 教諭 中山寿人 様』
『徳島県立小松島西高校 教諭 中川雅史 様』

S__20865042

中川先生は新野高校が中山先生の指導の元で、阿南市で初めて甲子園出場をはたした時の主将です。

先生のお話しの中でたくさんのリーダーシップや人材育成のヒントが散りばめられていました。

『自らが動く』・・時間通りに集まらない生徒、監督は自らが時間より2時間前にいきグラウンドを整備し続けた
『声をかける』・・簡単なプレーでも成功するのは難しいこと、自分が先輩からかけられた「ナイスプレー」等の声かけが嬉しかったので生徒にも声をかける。
『キャッチボールの大切さ』・・相手してもらう側にとっては、大きな思い出となる。
『ミスした後の態度の大切さ』・・ふてくされ・落ち込み・逆切れはだめ。積極的なミスは良い。
『どこに投げても取ってやるの気持ち』・・きちんと投げろと相手に求めるのではなく。どこに投げても受け取る!という気持ち
『能力の差で勝敗は決まらない』『勝利者はあきらめない』『本気で怒り、本気で喜び・本気で向き合うから感動が生まれる』
『1回で流れが変わる、一回一回を大切に』

等、組織に属する人・経営者・親 色々な立場に置き換えても、大切な事ばかりでした。

そして先生のお人柄で、たくさんのオブザーバー(36名)の方にもご参加頂き、有意義な時間となりました。ありがとうございました。

また、徳島ブロック協議会より、組織大会運営委員会の吉田副会長・柏原委員長はじめメンバーの皆さんがブロック大会のPRに来てくださいました。6月11日はブロック大会です(徳島ブロック協議会HP参照)よろしくお願いします。
S__27705373